美肌の作り方

>>お問い合わせ

洗顔

      線     

顔を洗うとき、ゴシゴシこすっていませんか? 泡の中に毛穴のざらつきやニキビを発見すると、つい気になってそこばかりこすってしまうことありますよね。力を入れれば、ざらつきやニキビまでもが落ちてくれるような錯覚を起こしがちです。でも、クレンジングでも洗顔料でも毛穴のざらつきやニキビは落としてくれません!ただただ肌を傷付けるだけです。優しく洗顔できる低刺激な無添加石鹸・オーガニックスキンケアなど、おすすめのものも紹介しています。

▽洗顔料の種類をご紹介します。

☆フォームタイプ

さっぱりタイプや保湿成分入り、スクラブ入り、肌悩みに合わせたものまでさまざまです。「しっとりタイプ」だと、平均して約30%ほど油分が含まれているようです。

☆固形石鹸タイプ

通常、透明ではない白い石けんは、オイルベースで出来ていて洗浄力が強めです。アルカリ剤を多めに含ませて安定化を高めている場合が多いため、さっぱりはしますが、乾燥肌や敏感肌では肌の乾燥が進んでしまったり、刺激を感じることがあるようです。一方、透明のものは保湿成分を多く含んでいるため、洗浄力が弱めで、洗い上がりがしっとりします。 フランスのマルセイユ石鹸は、オリーブのオレイン酸が人の肌の構造に似ているため、つっぱったりかさついたりしません。また、アスタキサンチンの赤い色素を含む「太陽の塩せっけん」というものもあり、乾燥肌やアトピーの方も安心して使える石けんです。

☆ジェルタイプ

肌に粘りつくような感触が多少あり、一般的に洗浄力が高めです。他のタイプに比べて泡立ちが良いようです。

☆洗顔パウダー

酵素など水分があると活性を失ってしまう成分がある場合にパウダータイプとなります。粉と水を上手に混ぜるのが難しいため、きれいな泡を作るのが難しいようです。

☆泡タイプ洗顔料

押すだけで泡が出てくるこのタイプは、泡立てがどうしても苦手な人や時間がない時におすすめです。細かい泡で、肌に負担なく洗うことができます。

私は石鹸派なんですが、持ち運びに不便なんですよね。お風呂場においておくとふにゃっとなるし。乾燥肌なのであんまり洗浄成分が強くないほうがスキです。肌質やお化粧方法によっても洗顔ってかわりますよね。泡タイプ洗顔料でしっかりした泡をみたことがないのは私だけ!?自分でつくる泡のほうがしっかりしてる気がします。でもお泊りのときには重宝しますよ♪

洗顔のコツは泡を上手につくること。手で洗うんじゃなくて、泡で洗うんです。泡の作り方をご紹介します。

上手な泡の作り方

線

コツさえ掴めばクリームみたいな泡を作るのは簡単です。何も使わなくても出来ますが、手早くきめ細かな泡を作るために、泡立てネットを使った方法をご紹介します。

@手の油分や汚れが泡立ちの妨げにならないように、石鹸で両手をきれいに洗います。これが意外に大事なポイントです。手が汚れていると、泡立ちが良くありません。

A泡立てネットを濡らし、ネットで石鹸を軽く撫で回します。

Bネットの端と端を両手で持ち、しみの付いた洗濯物を洗っているような感じでゴシゴシと擦り合わせます。あまり泡が出ない場合は、水が足りないので、水を足しましょう。あまり水を足すと水っぽい泡になるので、足りなければ足す感じで。

C手のひらに泡をとってから、余分な気泡をつぶすように両手で練ると、弾力のある泡になります。

最初は難しいかもしれませんが慣れると上手につくれるようになりますよ*^^*ふわふわの泡をお肌にのせると、お肌も喜びます♪

洗顔方法

線

ふわふわの泡をつくったら次は洗顔方法。

 

@まずは顔を濡らします。乾いたお肌に洗顔料をのせると、弱酸性の肌にいきなりアルカリ性のものが接触することになり、肌への負担が大きくなります。

Aクリームのような泡を作ります。

Bクリームのように作った泡を皮膚の中でも丈夫な額と鼻、いわゆるTゾーンに内側から外側にのせて、汚れとなじませます。脂も多く出るので最初にTゾーンを洗います。このとき、せっかくの泡をつぶして、ごしごししてはいけません!泡で洗うのです。

C次に頬や顎などのいわゆるUゾーンに泡をのせて、汚れとなじませます。

D最後に目元や口元など一番弱い部分にのせて、手早く汚れとなじませます。皮膚が薄くダメージがもっとも起きやすい場所です。ゴシゴシなんて厳禁、手早く汚れを浮かせましょう。

すすぎ

最後のすすぎは最もうるおい成分が流出してしまう時です。手早くしっかり洗顔料を流して、うるおい成分の流出を少しでも軽減しましょう。

@すすぎの水は脂性肌の人は32〜36℃、普通肌の人は30〜34℃、乾燥肌の人は26〜28℃、混合肌の人は28〜32℃が目安です。

水温調節が難しい人は、自分の体温より少し低めのぬるま湯を目安にしてください。

Aアゴから上へ、中心から外側へ向けてすすぐとたるみ予防になります。

肌のうるおい成分が流出しないよう手早く、かつ泡残しがないようにすすぎましょう。すすぎ残しがあるとニキビの原因にもなります。生え際など特に念入りにすすいでください。

B顔を拭くときはゴシゴシとせずに、タオルで肌を軽く押さえるようにして、水分をとっていきます。

効果的な美白のために

recommend

東京の携帯買取
http://iphonesyuuri-naritaya.com/

Last update:2017/2/9

 

Copyright (C) 2008 美肌の作り方 All rights reserved