美肌の作り方

>>お問い合わせ

乳液

線

☆乳液の役目とは?

乳液は、まずお肌の水分と保湿分をバランスよく補ってくれます。また、化粧水でお肌に与えた水分などを蒸発させないようにラップの役目も果たしています。さらに乳液に含まれている油分が、お肌をフワフワに柔らかくしてくれる働きもあるそうです。化粧水と同じメーカーを使う方がほとんどだと思いますが、化粧水でトラブルが出なければだいたいの場合、大丈夫だと思います。しかし、かたさや使い心地など好みがあると思うので、情報を集めたり、試供品を上手く使ったりして試してみるといいでしょう。

☆効果的な乳液のつけ方

基本的に、乳液は手を使って顔にのせるのがおすすめです。

まず乳液を手のひらに出し、少し温めてからお肌になじませます。乳液をより深くお肌に浸透させるには温めておいた方が断然効果的なのです。冷たいままだと毛穴が閉じて、入りにくくなってしまいます。

目の際などの細かい部分や髪の生え際などは、コットンを使うと液だれしないので便利です。(かための乳液だと難しいですが)その際にもお肌とコットンの摩擦には気をつけてくださいね!また、お肌にごわつきを感じる時もコットンを使うといいですよ。乳液とコットンは、古い角質を落とすのに絶妙な組合わせ。角質を落とすのにコットンだけで擦るのはもちろん強すぎ、乳液を使うと化粧水やクリームをつけた時よりも柔らかく、お肌を刺激しすぎることなく角質を落とせるのです。

最後に、乳液で潤ったあたたかい手のひらで顔全体を覆い、おさえて更に乳液を入れ込みます。お化粧前などで油分が気になる場合は、軽くティッシュオフしてもいいでしょう。

ちょっとケアをくふうすると、いつもと同じ乳液で何倍もの効果が期待できます^^

乳液の後は・・

線

これは私個人の意見ですが、クリーム(油分の多い乳液という場合もありますよね。化粧品会社によって乳液と区別しているところ、一緒にしているところもありますね)や美容液は気になる方はつけたらいいと思います(笑)適当に聞こえたらすいません。。

いろんな情報が交錯する現代。「保湿はたっぷりと」とか、「栄養のあげすぎはいけない」とか、どっちを信じたらいいの!?ということがあるかと思います。肌には本来がんばろうとするチカラがあります。潤おうとするチカラもあります。ただ、落とすということはできません。

だから、クレンジング、洗顔は大切だと言いました。その後のことはその方のお肌の調子で決めたらいいんじゃないかと思います^^;

年代によって水分量が減り、クリームは必要!という方もいるかと思いますが。マッサージをするときはクリーム類は便利ですよね。マッサージクリームもありますし。週1ぐらいのスペシャルアイテムとして使うのもいいかも。

気になる方は皮膚科とかに聞いたり、使っている化粧品会社の人に聞いたりするといいと思います。

 

Favorite

wifiレンタルを国内で探す

2017/7/27 更新

 

Copyright (C) 2008 美肌の作り方 All rights reserved